発達障害について

すべての子どもたちは個性と大きな可能性をもっています。発達障害は、脳の機能的な問題による、物事のとらえ方や発達の道筋・スピードの「ちがい」であり、広い意味では「個性」です。発達障害をもつ子どもたちは必ず発達し成長していきますが、多数派の子どもたちと同じ方法ではうまく学べないこともあるので、一人ひとりの「個性」(特性)に合わせた指導や支援が重要な役割を果たします。よい学びとよい体験が、子どもたちが自分の個性を前向きにとらえ、自分らしく生きていく力につながります。

▶︎おもな発達障害と、よくみられる困難さ

自閉症スペクトラム障害

(ASD)

・社会性とコミュニケーションの障害(他者とのやり取りや、相手の心情を理解すること、暗黙のルールを理解することなどが苦手)
・限定的な興味やこだわり行動がある(特定のものごとに関心が高く、興味があることとないことの差が大きい。決まったパターンや行動へのこだわりがある、など)
・過敏性(特定の音や匂い、食べ物、触覚などが極端に苦手。または、極端に感じにくい、など)

注意欠如多動性障害

(ADHD)

・注意集中が苦手(授業に集中できない、考えがまとまりにくい、など)
・多動、落ち着きのなさ(じっとしていることが苦手で、そわそわ動いてしまう、など)
・衝動的(思ったと同時に行動してしまう、人は物にあたってしまう、気持ちのコントロールが苦手、など)

学習障害

(LD)

・知的に標準的であるが、学習に関する特定の領域に困難さがある
 (聞く、話す、読む、書く、計算する、推論するなど、特定の能力を習得や使用が極端に苦手)

▶︎こんなこと、気になりませんか?

自閉症スペクトラム障害ASD, Autism Spectrum Disorder

  • 友達ができにくい
  • 一方的に話す
  • 一人でいることが好き
  • 人の気持ちを想像することが苦手
  • グループで行動が負担
  • 「空気を読む」ことが苦手
  • 「自分だけの世界」がある
  • 一つのことに博士のように詳しい
  • 特定のこだわり行動がある
  • 音やにおい、味、感覚などに過敏
  • ルールにとても厳格
  • 予定外のことにパニック など

注意欠如多動性障害ADHD,Attention Dificit/Hyperactive Disorder

  • 授業中に他のことが気になる
  • ケアレスミスが多い
  • 提出物が出せない
  • 忘れもの、失くしものが多い
  • 部屋がいつも散らかっている
  • がまんすることが苦手
  • いつもそわそわしている
  • 突然話し始める
  • 言葉より先に行動に出る
  • テンションが上がりやすい
  • すぐに怒ったり泣いたりする
  • 友達を強い口調で責める

学習障害LD,Learning Disabilities

  • 話を聞き返すことが多い
  • 電話で用件を聞き取ることが苦手
  • 大事なことを聞き逃す
  • 人前で発言することが苦手
  • 文章を読むときに行をとばす
  • ノートをとることが苦手
  • 文字がマスや枠からはみ出す
  • 似たような文字を書き間違える
  • 本を読むのがとても遅い
  • 図形を正確に書くことが苦手
  • 暗算が苦手
  • 計算に時間がかかる、ミスが多い

▶︎支援について

学校・教育的支援

学校との連携:さくらんぼ教室は地域の学校・公的教育機関などと連携を図っています。
必要に応じて学校や担任の先生と連携を取ります。また学校の先生方の研修も積極的にお受けし、相互理解をはかっています。

心理・医療的支援

心理検査:本人の特性や得意・苦手をより詳しく知るための心理検査(田中ビネー知能検査?・WISC-?など)は、さくらんぼ教室でも実施できます。専属の臨床心理士が実施し保護者の方に結果と必要な支援についてフィードバックしています。
 医療:さくらんぼ教室に通っているすべての生徒が診断を受けているわけではありませんが、地域の医療機関と連携を図っています。必要に応じてご紹介させていただきます。

さくらんぼ教室の考え方

診断やIQだけで子どもを理解することはできません。また「フツウ」を追いかけるだけでも子どもの力は伸びません。私たちはオーダーメイドの学習とSST活動を通して生徒のみなさんに「自分にはできることがある」「学び方は他の人とちがってもよい」「今できないこともいつかできるようになる可能性がある」ことを感じてほしいと願っています。一人ひとりの「できた!」「わかった!」を、その先の進路選択につなげます。

さくらんぼ教室の取り組み

さくらんぼ教室では、体験学習や保護者面談を通して生徒さん一人ひとりの発達段階や特性を理解し、ご本人の学習状況に合わせて「個別指導計画」を作成、一人ひとりに合わせたカリキュラム、教材、指導法で学習します。
SST(ソーシャルスキルトレーニング)やLST(ライフスキルトレーニング)は、自立生活に必要なスキルを発達段階に応じて小集団で学び、練習し、成功体験を積んで実践できるようにします。学校を越えて長く付き合える友人関係を育むこともできます。ご家庭からの「個別支援シート」や面談で学校や家庭での状況を共有し、保護者の方とともに生徒さんの成長を応援していきます。